慰謝料請求できる相手

不倫による慰謝料の請求は、不倫相手だけでなく浮気相手の夫や妻にすることも可能です。浮気や不倫による慰謝料を支払う責任は、配偶者と不倫相手の双方にあるのです。浮気相手や不倫相手の片方だけに慰謝料を請求することもできれば、両方に慰謝料を請求することもできます。3つのケースからいずれを選ぶかは、不倫された人が自由に決められます。

弁護士
引用元 〔浮気・不倫の慰謝料を請求したいなら弁護士法人アディーレ法律事務所

ただし、浮気相手と不倫相手の双方に慰謝料を請求した場合は、損害額を超えて両者から慰謝料を受け取ることはできません。慰謝料は、不倫された人が受けた損害に妥当な金額が支払われるものなのです。また、配偶者に慰謝料を請求するかどうかは、浮気発覚後に別居や離婚に至るかどうかが決め手となります。離婚しない場合は夫婦の生計は同一として、慰謝料の請求はおこなわない人が多いのも事実です。
離婚や別居に至らない場合でも、慰謝料の請求は可能です。浮気や不倫の重大さを理解してもらい、責任を取ってもらうために慰謝料を請求する人もいます。もちろん、慰謝料を受け取ったうえで、不倫関係を断ち切らせることも可能です。いずれにしても、自力で交渉するのは簡単ではないでしょう。不倫の慰謝料請求にくわしい弁護士に相談することで、最適な対処法を検討できます。

関連記事

慰謝料請求できる場合

不倫されたからといって、必ずしも慰謝料の請求ができるわけではありません。慰謝料を請求するためには、一定の条件を満たす必要があるのです。代表的な項目は、2つあげられます。故意・過失による不倫である場合、不倫されて権利の侵害を受けた場合が慰謝料を請求できる代表的な条件です。
肉体関係不倫相手が既婚者と知りながら肉体関係を持った場合、不倫によって円満だった夫婦関係が悪化した場合などは、慰謝料の請求が認められます。既婚者だと知りながら婚姻関係が破綻していると思い込み、注意せずに不倫に至った場合も慰謝料の請求が認められる条件です。一方、もともと夫婦仲が悪く関係が破綻していた場合、不倫相手が強要されて肉体関係を持った場合などは、慰謝料の請求が認められません。
慰謝料の請求には、時効もあります。不倫の事実を知ってから3年が経過すると、慰謝料の請求ができません。また、すでに十分な慰謝料を受け取っている場合も、慰謝料の請求ができない認められない条件です。とはいえ、慰謝料が支払われた理由が不倫に加えて暴力などにある場合、さらに慰謝料を請求できる可能性があります。このように、慰謝料を請求できるケースと請求できないケースは、複雑な条件を考慮したうえで判断されます。

関連記事

不倫の慰謝料相場は?

不倫された場合に慰謝料をどのくらい請求できるかが明確に知られていないのは、法律で基準が定められているわけではないためです。裁判に至った場合は裁判所が慰謝料の金額を提示しますが、当事者同士で交渉する場合は過去の判例を参考に合意を図るのが一般的です。ただ、多くのケースから不倫による慰謝料の相場を見極めることもできます。一般に、100~300万円程度が不倫の慰謝料の相場だといわれています
お金慰謝料の相場の範囲が広いのは、不倫が原因で別居や離婚が決まるかどうかによっても金額が異なるためです。不倫の期間や状況などによっても、慰謝料は増減されます。中には50万円程度や300万円を超えるケースもあり、一概にはいえません。例えば、不倫によって別居や離婚をしない場合は、慰謝料も低めに抑えられるケースが多いようです。逆に、別居や離婚に至った場合は慰謝料も高額になりやすい傾向があります。不倫が原因で夫婦関係が破綻すると慰謝料が高額になるのは納得がいきますが、個々の事情にもよるのが事実です。
離婚に至らなくても夫婦関係が破綻して別居になった場合、子供がいて不倫が発覚するまでは夫婦関係が円満だった場合、不倫相手が既婚者だと知っていた場合なども、慰謝料を高額にできる可能性があります。逆に、不倫相手が既婚者だと知らなかった、夫婦関係が破綻していたと信じていた、不倫期間が短い場合などは、慰謝料が低めになることもあります。中には不倫相手のために借金をしてお金を融通しており、慰謝料が高額になったケースもあるようです。

関連記事

慰謝料請求・不倫の場合

不倫をされて慰謝料を請求する場合、誰に慰謝料を請求するのか、相場はどのくらいなのかといったことが気になるでしょう。不倫されたからといって、必ずしも慰謝料を請求できるとも限りません。ここでは、不倫された場合の慰謝料請求について、相場や慰謝料請求できる場合・できない場合、請求できる相手などを解説します。
不倫による慰謝料の相場は、一般に150~300万円といわれています。しかし個々の状況によっても金額が異なり、不倫期間が短い場合や別居・離婚に至らなかった場合は低めの慰謝料に抑えられる傾向です。逆に、不倫期間が長かったり頻度が高い場合、不倫相手が既婚者との交際だと知っていた場合などは慰謝料の請求も相場より高額になる傾向があります。
暴力慰謝料を請求できるかどうかは、様々な条件によって判断されます。強要されて不倫関係に至った場合やもともと夫婦仲が悪かった場合などは、慰謝料を請求できない可能性が高くなります。すでに慰謝料が支払われている場合でも、浮気相手から暴力などを受けている場合はさらに慰謝料を請求できるケースもあるのです。
慰謝料を請求できる相手は、浮気相手と不倫相手の両方です。片方のみに請求することも、両者に請求することもできます。離婚に至らずに夫婦が同一の生計を立てている場合は、配偶者への慰謝料の請求はおこなわれないことが珍しくありません。その一方で、不倫の重大さや責任をとってもらうために、離婚せずとも慰謝料を配偶者に請求するケースもあります。

関連記事