不倫の慰謝料相場は?

不倫された場合に慰謝料をどのくらい請求できるかが明確に知られていないのは、法律で基準が定められているわけではないためです。裁判に至った場合は裁判所が慰謝料の金額を提示しますが、当事者同士で交渉する場合は過去の判例を参考に合意を図るのが一般的です。ただ、多くのケースから不倫による慰謝料の相場を見極めることもできます。一般に、100~300万円程度が不倫の慰謝料の相場だといわれています
お金慰謝料の相場の範囲が広いのは、不倫が原因で別居や離婚が決まるかどうかによっても金額が異なるためです。不倫の期間や状況などによっても、慰謝料は増減されます。中には50万円程度や300万円を超えるケースもあり、一概にはいえません。例えば、不倫によって別居や離婚をしない場合は、慰謝料も低めに抑えられるケースが多いようです。逆に、別居や離婚に至った場合は慰謝料も高額になりやすい傾向があります。不倫が原因で夫婦関係が破綻すると慰謝料が高額になるのは納得がいきますが、個々の事情にもよるのが事実です。
離婚に至らなくても夫婦関係が破綻して別居になった場合、子供がいて不倫が発覚するまでは夫婦関係が円満だった場合、不倫相手が既婚者だと知っていた場合なども、慰謝料を高額にできる可能性があります。逆に、不倫相手が既婚者だと知らなかった、夫婦関係が破綻していたと信じていた、不倫期間が短い場合などは、慰謝料が低めになることもあります。中には不倫相手のために借金をしてお金を融通しており、慰謝料が高額になったケースもあるようです。

関連記事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket