慰謝料請求できる場合

不倫されたからといって、必ずしも慰謝料の請求ができるわけではありません。慰謝料を請求するためには、一定の条件を満たす必要があるのです。代表的な項目は、2つあげられます。故意・過失による不倫である場合、不倫されて権利の侵害を受けた場合が慰謝料を請求できる代表的な条件です。
肉体関係不倫相手が既婚者と知りながら肉体関係を持った場合、不倫によって円満だった夫婦関係が悪化した場合などは、慰謝料の請求が認められます。既婚者だと知りながら婚姻関係が破綻していると思い込み、注意せずに不倫に至った場合も慰謝料の請求が認められる条件です。一方、もともと夫婦仲が悪く関係が破綻していた場合、不倫相手が強要されて肉体関係を持った場合などは、慰謝料の請求が認められません。
慰謝料の請求には、時効もあります。不倫の事実を知ってから3年が経過すると、慰謝料の請求ができません。また、すでに十分な慰謝料を受け取っている場合も、慰謝料の請求ができない認められない条件です。とはいえ、慰謝料が支払われた理由が不倫に加えて暴力などにある場合、さらに慰謝料を請求できる可能性があります。このように、慰謝料を請求できるケースと請求できないケースは、複雑な条件を考慮したうえで判断されます。

関連記事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket