慰謝料請求できる相手

不倫による慰謝料の請求は、不倫相手だけでなく浮気相手の夫や妻にすることも可能です。浮気や不倫による慰謝料を支払う責任は、配偶者と不倫相手の双方にあるのです。浮気相手や不倫相手の片方だけに慰謝料を請求することもできれば、両方に慰謝料を請求することもできます。3つのケースからいずれを選ぶかは、不倫された人が自由に決められます。

弁護士
引用元 〔浮気・不倫の慰謝料を請求したいなら弁護士法人アディーレ法律事務所

ただし、浮気相手と不倫相手の双方に慰謝料を請求した場合は、損害額を超えて両者から慰謝料を受け取ることはできません。慰謝料は、不倫された人が受けた損害に妥当な金額が支払われるものなのです。また、配偶者に慰謝料を請求するかどうかは、浮気発覚後に別居や離婚に至るかどうかが決め手となります。離婚しない場合は夫婦の生計は同一として、慰謝料の請求はおこなわない人が多いのも事実です。
離婚や別居に至らない場合でも、慰謝料の請求は可能です。浮気や不倫の重大さを理解してもらい、責任を取ってもらうために慰謝料を請求する人もいます。もちろん、慰謝料を受け取ったうえで、不倫関係を断ち切らせることも可能です。いずれにしても、自力で交渉するのは簡単ではないでしょう。不倫の慰謝料請求にくわしい弁護士に相談することで、最適な対処法を検討できます。

関連記事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket