慰謝料請求・不倫の場合

不倫をされて慰謝料を請求する場合、誰に慰謝料を請求するのか、相場はどのくらいなのかといったことが気になるでしょう。不倫されたからといって、必ずしも慰謝料を請求できるとも限りません。ここでは、不倫された場合の慰謝料請求について、相場や慰謝料請求できる場合・できない場合、請求できる相手などを解説します。
不倫による慰謝料の相場は、一般に150~300万円といわれています。しかし個々の状況によっても金額が異なり、不倫期間が短い場合や別居・離婚に至らなかった場合は低めの慰謝料に抑えられる傾向です。逆に、不倫期間が長かったり頻度が高い場合、不倫相手が既婚者との交際だと知っていた場合などは慰謝料の請求も相場より高額になる傾向があります。
暴力慰謝料を請求できるかどうかは、様々な条件によって判断されます。強要されて不倫関係に至った場合やもともと夫婦仲が悪かった場合などは、慰謝料を請求できない可能性が高くなります。すでに慰謝料が支払われている場合でも、浮気相手から暴力などを受けている場合はさらに慰謝料を請求できるケースもあるのです。
慰謝料を請求できる相手は、浮気相手と不倫相手の両方です。片方のみに請求することも、両者に請求することもできます。離婚に至らずに夫婦が同一の生計を立てている場合は、配偶者への慰謝料の請求はおこなわれないことが珍しくありません。その一方で、不倫の重大さや責任をとってもらうために、離婚せずとも慰謝料を配偶者に請求するケースもあります。

関連記事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket